目を大きくするマッサージのコツ

目の大きさは第一印象を大きく左右します。
ぱっちり大きく開いた目は、その人を魅力的に見せます。


ここではそのための瞳を大きく見せるマッサージ方法について説明します。



まずマッサージを始める前に、手を温めておきます。
そもそも小さく見える原因の1つに周囲の血行不良があります。眼の周辺を温めることで血液循環がよくなることを促進できます。

そして潤滑しやすいようにマッサージ用のクリームやオイルを塗っておきます。

手順としては、親指の先をこめかみに当てたまま、人差し指の第二関節で、内側から外側方向に向かって上瞼を軽く揉みます。この際軽く円を描くように指を動かすとよいです。

4yuuu!に関する情報をご覧ください。

それから、指の使い方はそのままで、眉に沿って同様に行います。これにより周囲に溜まった毒素の排出ができ、瞼のむくみやたるみを取ることができます。もう1つのやり方として周囲の骨に働きかけるやり方があります。



人差し指、中指、薬指を眼下の骨に置き、そのまま数秒間押します。

これにより目力を向上させることが可能です。

さらには額についても同様にマッサージするとよいでしょう。


コツとしては、力強く押しすぎたりこすらないことです。しわにつながったり、内部を傷つけるなど、別の問題が発生しかねません。


このようなマッサージは1日3回ほどやると効果的ですが、特にスキンケアの際や入浴中に行うといいでしょう。

また、目だけのアプローチをするより、首や額にも働きかけましょう。